交通事故に遭った際にも相談を

多くの弁護士事務所では借金問題以外にも様々な案件を扱っており、専門とするジャンルの違いこそあれ、交通事故などの問題に関しても日々対応をしています。

 

交通事故は被害者側となると加害者側の加入する保険会社との示談交渉などがあり、慰謝料などを含めた損害賠償の請求を行います。損害賠償に関してはある程度の相場のようなものがあるものの、実際にいくら支払うかは保険会社の匙加減一つで決まります。

 

ここで問題となるのは保険会社の動きで、基本的に保険会社は多くの保険金の支払いをしたがりません。できることなら少ない金額で話をつけようとしてくるため、被害者側が直接保険会社と交渉をしたところで、満足のいく損害賠償が得られない可能性があります。

 

そこで頼れるのが弁護士です。交通事故に強い弁護士であれば保険会社が相手でも多くの慰謝料が取れる可能性があり、被害者側が保険会社と直接やり取りをしなくても良いのもメリットです。

 

面倒な交渉も全て弁護士に依頼ができるので、示談交渉でもつれそう、保険会社の提示する金額が少ないと感じるなら、話をまとめる前に交通事故の弁護士による示談交渉を進めてもらうようにしましょう。

 

弁護士による交渉があれば当初の提示額の数倍、場合によっては数十倍やそれ以上の慰謝料、損害賠償を獲得できる可能性があるので、交通事故の被害者となってしまった方は自分一人で話をつけるのではなく、専門家の力を借りるようにしてください。