弁護士に依頼をする

闇金業者は狡猾ですが、その実態は意外ともろいものです。そもそも金利が違法なので、出る所に出れば、取り立ては行えなくなります。相手も自分が弱い立場であると理解しているからこそ、強気な態度で取り立てを行うのです。

 

しかし、専門家が間に入れば話は別です。実際に依頼してみれば、何故今まで相談せずにお金を払っていたのだろうかと、馬鹿みたいに思えます。

 

闇金相手の相談は、弁護士や司法書士がよいでしょう。インターネットで探す人もいますが、地元にはいくつもの弁護士事務所や司法書士事務所があります。弁護士に依頼をすれば、後の手続きはほとんどが弁護士側で対応してくれます。

 

ただし、弁護士に依頼する時には注意点がいくつかあります。まず、闇金融相手の実績のある事務所に相談しましょう。対応に配慮がなければ、かえって闇金業者からの嫌がらせが増す可能性があります。信頼できるかどうかは、大きな事務所かどうかというより、実際に実績があるかどうかです。

 

また、弁護士相手にはウソをついてはいけません。他にも借入れがあるのにないといったり、闇金融で借りる人の中には、ウソを付くケースもあります。しかし、申告内容に間違いがあると、弁護士側でもベストな対応が取れません。質問には正直に答えるよう心がけましょう。

 

しっかりとした手続きで弁護士への依頼を行えば、早ければその日のうちに闇金の取り立てがぴたっと止まる場合もあります。