借金の中でも闇金に悩んでいる人へ

現在闇金融との対応に悩んでいる人にとって、もしも闇金から解放されるならばどんなに楽でしょうか。実は、闇金と手を切るのはそれ程難しくはありません。しかし、相手は非合法を承知で犯罪をしているので、自分たちに不利な情報は隠したがります。

 

 

闇金融の業者がどのような嘘をついているか、それを知るだけでも、冷静な対処がしやすくなります。

 

契約書には意味がない

闇金から借りるのだから、必ず免許証などのコピーを取られ、契約書にもサインをしているはずです。しかし、この契約書にはそもそも意味がありません。双方の合意の上だとは言っても、そもそも違法な金利の取引です。

 

法律によって、貸金業者が貸付けする時の上限金利が決まっています。それを超えるトイチやトサンの契約は、そもそも違法なのです。

 

しかし、実際にサインしたのだから、借りたものは返すのが常識だからと、闇金業者は強気に取り立てを行います。契約書が無効だからといって、それは相手も承知なので、無茶を承知で取り立てを行っています。

 

そもそもが返せる見込みが薄い方、他での借金の返済ができなくなっているといった方への貸し付けが主となる闇金融では、取り立てによる強引な回収を行うのです。

 

家や会社に押しかける

昔の闇金業者は、取り立ての為に家や会社、子供がいればその学校にまで取り立てに行っていました。今でも脅し文句として、家や会社に詰め寄ると電話をかけてくるケースは多いです。しかし、闇金業者は実際、どれ位取り立てに力を入れているのでしょうか。

 

利息を回収しなければ、確かに闇金業者も困ってしまいます。しかし、例えば3万円の利息を払ってもらうために、家に押しかけて、職場に押しかけて、散々交渉して、結局払ってくれない、このような仕事があったとして、あなたならしたいと思いますか?

 

闇金融はいつになってもなくなりませんが、その一方で賢い人も増えてきました。今は闇金業者側も、取れない所からは取れないというのを理解しています。家や会社に取り立てにいって、警察などに身柄を拘束されてしまうリスクもあります。それが嫌だから、取り立てには電話をフル活用するのです。電話をかけるだけなら、一か所から複数の人へ連絡ができます。

 

つまり、何人もから取り立てが可能です。しかし、いちいち家や会社に押しかけてを繰り返していれば、取り立てに時間と手間がかかりすぎ、リスクも背負います。

 

家や会社に押しかける例もありますが、元々の元本も回収済みで、話にならないと判断すれば、闇金業者は執拗に取り立てを行いません。取れる所からしっかりと回収します。

 

警察や弁護士への相談はNG?

よくある話ですが、警察に連絡しても取りあってくれず、かえって嫌がらせが執拗になった、警察は何もしてくれない、というケースもあるようです。闇金業者側でも強気で、警察や弁護士に相談するといっても、まともに取り合ってはくれません。だから警察や弁護士に相談しても無意味だと考えている人もたくさんいます。

 

しかし、警察や弁護士に相談をして、一番困るのは闇金業者です。闇金融との契約書は不法ですし、専門家に間に入られると、闇金業者は回収ができなくなります。警察に関しても、最近は闇金融への対策のマニュアルを完備するなど、今までよりも頼りになる存在になっています。

 

また、弁護士などは闇金業者への対策も良く理解しています。もしも弁護士に対応を依頼した場合、これからのやり取りは弁護士が代理人となって行うよう取り計らってもらえます。自分が交渉しても全く強気の態度を崩さない闇金業者ですが、それは相手が素人だからです。

 

しかし、相手が法律の専門家となると、そこから利息の回収を行うのは非常に困難です。やはり闇金業者は、取れる所からしっかり取るスタンスなので、弁護士が間に入るとスッと引き上げる所がほとんどです。専門家などへの相談は積極的にすべきです。

 

家族や会社に知られたくない方でも専門家である弁護士や司法書士は秘密厳守で進めてくれます。相談にしても解決の依頼にしても内緒の闇金相談が可能となるので、闇金問題で困っている方は一度相談をしてみると良いでしょう。